実地調査は、何故無料?

最終審査の実地調査について、申請者は費用負担なしの理由
全国規模の研究調査プロジェクトと連携、「おいしさ.com」が調査内容に自ら責任を持つ為です。

全国規模の研究調査活動を実施している日本同位体分析研究所と連携しているからこそ、申請者の費用負担なしに実地調査が可能となります。

「おいしさ.com」の登録掲載には、最終段階で実際の生産現場の調査が必要です。 実地調査の実施には、交通費、遠隔地の場合には宿泊費、そしてもちろん人件費といった費用が必要となります。 この費用について、「おいしさ.com」では、登録掲載審査費用として、申請者に負担を求めません。 例えば沖縄に調査に行くのであれば、往復航空機、宿泊、現地でのレンタカーなど東京から調査実施には、1回で10万円以上は確実に必要でしょう。 しかし、この費用はすべて「おいしさ.com」で負担します。

申請者が負担しなくていい理由は、もちろんあります。 この実地調査は、産地判別検査や各種検査技術の研究開発を行っている株式会社日本同位体分析研究所との連携にあります。日本同位体分析研究所は、日本全国で、農産物、畜産物、水産物の各地域毎の研究サンプル収集を年間を通じて実施しています。 例えば新潟県だけでも220箇所の定点研究地点を設定し、農業用水、農産物などの収集を年間を通じて実施しています。 「おいしさ.com」は、日本同位体分析研究所と提携し、この研究サンプル収集活動に、実地調査活動を組み込んでいます。 それ故に、登録者の産地証明も科学的に実施可能なのです。

日本同位体分析研究所にて、調査活動に当たるのは、JAS認定業務従事資格を持つ、専門研究員、研究部門社員です。 それ故に、生産管理や検査にも深い知見を有しています。科学的研究活動と、「おいしさ.com」の実地調査は、まさに最高の組み合わせです。

(注意:登録後、何らかの緊急調査や、事故調査の場合には、有料となります。 年次での調査は、登録時と同様に無料です)


ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER