おいしさ.com QUALITRACEの構成ユニット

CF094.jpg

P4300032.jpg

FA081.jpg

CIMG0005.jpg

付加価値表示根拠の妥当性を確認

「おいしい」「優れている」などの優良表示は、すべて分析検査もしくは官能評価試験などの科学的に検証された根拠がある事を条件としています。 表示の根拠が明確でないものは、登録基準を満たさないと判定されます。 科学的な検査が困難な「特色ある生産方法」などの場合には、生産記録・実地確認調査の実施により、検証されたものである事を条件とします。
製品の生産管理体系については、JAS認定や、その他の第三者による品質管理認定を受けているかどうかを確認します。 生産管理体系が認定されている記載される場合の判断基準は、独立第三者機関、法制認定など認定内容、実地検査の実施者など第三者体系認定として確認できるものとしています。 掲載において、認定されているものについては、例えば「JAS認定製品」というように記載されます。
一つに製品やサイトには、さまざまな検査・認定機関が関連していますが、その検査・認定内容の妥当性が検証されます。

専門分析・認定機関のみと提携・承認

製品の付加価値や優良表示には、科学的根拠や、履歴等の第三者認定など合理的な根拠が必要です。 もし申請者の分析検査が適切でなかった場合や、付加価値のより高度な証明の為の分析検査が必要な場合にも、おいしさ.comは、QUALITRACE付加価値証明プログラムの提携検査機関・認定機関による対応が可能です。 万一の消費者の不信や異議申し立てがあった場合でも、提携検査機関・認定機関による迅速確認調査(有料)が実施されます。 特別のこだわり農法や、生産方法などの実地検証は、提携JAS認定機関又はJAS認定検査員有資格者による実施など、万全の信頼性維持の対応です。

統合的な付加価値証明書発行サービス


おいしさ.com QUALITRACE付加価値証明プログラムでは、登録者の為に証明書発行サービスを提供します。 「この付加価値の正当性を証明したい」「流通から根拠を示すように指示された」「消費者から本当かどうか照会がきた」など、さまざまなケースで、付加価値の根拠を証明する必要性が生じます。 原料や、農法、生産法、さらには産地や季節など、付加価値として訴求する内容は、ますます多様化しています。 これを一つ一つ証明する事は、多数の証明書それも、原料仕入や製造工場、取扱者など、多岐の関連先から根拠証明を集めなければなりません。 もちろん品質保証部門を有する大手企業であれば
これは簡単なかもしれません。 しかし、第三者機関として付加価値の検証と証明を専門とする「おいしさ.com」であれば、より効率よく、経済的に対応が可能となります。 

登録毎審査と追跡調査


おいしさ.comの登録は、6ヶ月単位で更新されます。 登録は、製品単位又は生産者・販売者(ネットサイト・通販サイト)単位です。登録更新については、内容の確認監査を行います。この定期更新によるチェック以外に、毎月掲載製品もしくは掲載サイトの一部をランダムに選定の上、表示項目についての確認作業を行います。 このランダム確認は、毎月の実施内容が公表されます。 この他に、このホームページ上から、疑問・懸念などが直接調査の依頼が可能となっており、もし消費者等から調査依頼を受けた場合には、調査確認を行います。そしてその結果は、依頼者に報告されます。 もし事故が発生していて付加価値の維持がされていない場合などは、直ちに掲載を保留して、是正対応を求めます。
次に、意図的に付加価値を偽装した場合、登録契約は破棄され、監督行政機関に通知されます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

LINK

QUALITRACE-logo2.gif

ページの先頭へ