塚本園いちご生産情報

TSUKAMOTOストロベリー・塚本さんのこだわり

芯までおいしい大粒いちご
さちの香.gif

スーパーや専門店にもたくさんの苺が並んでいます。 最近では、さまざまな品種がぞくぞく登場。 しかし大粒いちごを期待して食べたのに、「??」オヤっという事はありませんか? 苺を芯までおいしく大粒に育てるのは、とてもむずかしいのです。 さらに「ただ甘いだけ」ではなく、苺の香りと甘さのバランスなど、品種により違いもたくさんあります。


女峰1.gif

P1070060.jpgTSUKAMOTOストロベリーは、千葉県は富里にあります。 イチゴ本来の香りに、甘さ、そして豊かな色合い。 これらの抜群のコンビネーションは、すべてが土作りにあります。塚本さんは、有機農法研究会に所属し、9種類にも及ぶ各種の動植物肥料を独自に配合し、栄養分に富んだ土壌作りを行い、病気や害虫に強い作物に育てるためのさまざまな工夫を凝らしています。 これこそ「TSUKAMOTOストロベリー」 真っ赤に熟した苺を味わうと、甘さと苺本来の香りの強さに「!」。これは食べて見なければ信じられません。 

P1070061.jpg

P1070062.jpg塚本農園では、消費者の嗜好にも合わせて5種類が生産されていますが、産直として消費者に出荷できるのは、3月末まで。 それ以後は輸送中の劣化により品質が維持できなくなるため、農園の店頭売りのみです(6月まで) 千葉県で行列ができることで有名な某有名洋菓子店も、パティシエが指名で、毎日出荷しています。  

画像 118.gif

P1070056.jpgこの人が、農園主・塚本さん。 とにかく「おいしい苺」を育てる事に全力を尽くしています。 生産量が限定される為に、一般市場に広く出荷する事はできませんが、「自分の育てた苺の品質を信頼して注文を下さるお客様に、芯までおいしい大粒イチゴを、とにかくお届けする」 スーパーなどで毎日のように目にするイチゴ。 でも、「これぞイチゴ。THIS IS IT」と呼べるイチゴをご紹介します。

画像 122.jpg

ページの先頭へ

LINK

QUALITRACE-logo2.gif

ページの先頭へ